代表挨拶

代表挨拶

「働き方・キャリアを真剣に考える時が来たときに、きっかけとなる、
安心してご相談いただける エージェントでありたい」

仕事は、人生の中で最も時間を費やすもの。
どこで、どんな仕事、どんな働き方をするかという「キャリア」の選択は「生き方」の選択と言い換えることができるくらい大切なことです。中でも特に、20代、30代はどう過ごすかで、その後の40代、50代と続く将来のキャリアの方向性が決まる非常に大切な時期です。

ただ、20代、30代は現状の仕事が忙しい時期でもあり、本来考えるべき自らのキャリアについて考える時間を持てる方は多くありません。将来のキャリアは、1人で考えていても答えを見つけにくいものです。海外では 医者や弁護士と同じくらい、自らのキャリアを相談できる存在を持つことは大切とされています。
日本でも終身雇用制度が崩れ始め、転職自体は身近なものになりつつありますが、自身のキャリア・転職について信頼のおけるキャリアのプロへ相談する機会は多くありません。

私自身は10年以上ずっと、ヒトと採用に関わる仕事をしてきました。
前職の大手人材会社では、1万件以上の求人広告を世の中に出し、1500人を超える経営者、人事担当者に「どんな方を採用したいか」を聞き続け、全国各地でたくさんの企業、様々な仕事、働く方々を見てきました。

世の中の好況・不況に関わらず、どの経営者も「こんな方なら採用したい」という声は変わらない一方で、転職者はキャリアに関する知識を持っていないことで、失敗するケースも多くあります。世の中には、たくさんの仕事がありますが、転職者の方が知っている仕事はほんの一部の仕事にすぎません。
どんな仕事に向いているのか、どんな強みを持っているかは自分自身には案外見えないものです。

アスカナ・コンサルティングは、働く方が、キャリアについて真剣に考え始めた時、信頼できるキャリア相談ができる、そっとサポートができる、そんな存在になりたいと設立した会社です。
短期的な転職だけではない、あなたの将来にわたるキャリアを一緒に考えていくことのできる存在でありたいと考えています。
多くの転職者の方が幸せな働き方を見つける事のできるお手伝いができればと願っています。
これを読んでいただいたあなたに、いつかお会いできることを楽しみにしています。sign

 

 

代表取締役社長佐藤博紀■代表略歴
早稲田大学卒業後、リクルートグループ入社。(リクルートHRマーケティング東海、リクルートHRマーケティング、リクルートジョブズ)にて、一貫して企業の人材採用領域に9年3か月携わる。
ひとり一人のより良いキャリアを直接支援する、転職者と企業の幸せな出会いを創ることのできる会社として、2015年7月 株式会社アスカナ・コンサルティング設立 代表取締役就任。人材紹介会社のサポート、事業会社の人事支援などを経て20代・30代に特化した人材紹介事業を開始。
岐阜県多治見市出身。
これまで東京、愛知、岐阜、静岡、北海道、岡山、広島、九州と様々な地域で、ヒトと企業を採用でつなぐ仕事をしてきました。

PAGE TOP